TOPICS

知っ得!買取と仲介の違いとメリットデメリット その3 大野城、春日、太宰府、筑紫野、福岡市

2018.0730

買取と仲介はどっちが良いか?

仲介でも 適正な価格で売却しなかった場合(6割が該当)売却期間が年単位となり、相場の10%~20%程安く売ってしまうという データ結果があります。

 

さらに仲介者を使って売却すると仲介手数料が発生するので それなりに費用も掛かります。また、案内や取引に関してのリスクもあるため、その費用を考えると、そこまで得とは言えません。

 

買取は、最初から市場の相場の70%で取引される為、その時点では30%安くなった計算となりますが、手数料やトラブル回避の費用が発生せず、現金化も早く、金額が確定する為、取引も安心です。

 

 

 

結論はどちらも良い といえると思います。

ややこしい事を避けて早くスッキリ取引するなら買取

時間をかけてじっくり売るなら 仲介がいいでしょう。

 

いずれにしても鍵は 不動産の適正価格の査定です。不動産精密査定を実施してください。

 

この記事を書いた人

杉本 聖エージェント

杉本 聖 エージェント

まったくの異業種から不動産業界に飛び込んできました。いままでの経験を生かしてお客様のハッピーな暮らしに繋がるように精一杯頑張らせてください!

まずは、18秒査定からスタート!

スタートボタンをクリック!

 

万円

リアルタイムの不動産価格は?


査定スタート!

スタートボタンをクリック!