売却実績
Achievement of real estate sales


売却実績を多数保有している会社であることの大切さ

売却実績は成功のバロメーター

地域エリアの売却実績が多いという事は、それだけ多くの取引が成功したという事です。まさに成功のバロメーターです。不動産精密査定を運営するハウスマーケットの売却実績はエリアだけでなんと1955件です。ここまで多くの売却実績がなぜ実現できたをご説明いたします。

そのカギを握るのが『不動産精密査定』なのです。不動産の売却は、「売却開始の価格」がとても重要です。その金額が、売り出し時期のその時にリアルタイムな取引価格として、高すぎると、他の物件の売却を促進する役目となる「咬ませ犬(負ける様に用意された)物件」となってしまいます。
逆に安すぎると、最初から市場最安値物件として「損」をしてしまいます。

この丁度いい価格の売却価格を探す方法が、過去の不動産売買データの全てを網羅し、分析している「不動産売却査定」にあるのです。この不動産精密査定と、エージェントのアドバイスを聞くと、何と、売却期間を選べるのです。
2週間で売却したい、1か月で売却したい、3か月以内に売りたい、といった希望の時期を市場の価格動向を元に、価格が決められるのです。

家(マンション、土地)など売却しているけどなかなか売れない。査定を依頼したら、思ったより高くて喜んでいたがなかなか買い手が決まらないとったお悩みはありませんか?

実は市場は常に変化する為、細かい変動状況と、売り出し物件との競合物件との比較が、売り出し価格を決める重要なカギとなります。
多くの成功した売却実績の背景には、件数だけでなく売り出し価格と成約価格の差が少ないことも、成功のバロメーターと言えます。

不動産という大事な資産、できるだけスピーディに高値で売却したいですよね!?
それにはまず、リアルタイムの市場価格がわかる、『不動産精密査定』をお薦めします。

売却情報と買取情報は合わせ技であるべき

不動産を高値で売却をするコツは、売り出し価格です。しかし、時期を急いでいる、急いでいないけど、次の資金の需要(お金の使い道)等、支払い予定があるなど、確実に売却できる状態(確実な資金手当て)を作ることも重要です。

残念なことに、高値で売却しようと思い、複数の企業に査定依頼を実施し、最も高い金額の不動産会社に売却依頼したら、なかなか売れない。そこで、支払い時期、お金が必要となり、困ってその不動産会社に相談したら、買取する不動産会社を紹介された。その価格が、すぐ現金化できるのだけれど、価格は想定価格より大幅に安くなってしまった。残念だけど、どうすることもできない・・・残念、失敗。なんてことがよくあるのをご存知ですか?

成功のコツは、期間、価格、条件の様々な状況を選択できる状況を創り出すことが重要なのです。本来売主様の強みとは、複数の選択肢の中から戦略的にいい方法を選ぶことが可能なことのはずです。
不動産精密査定では、売却価格と買取価格の両方を事前に把握して、都合のいいタイミングを選ぶことができます。これなら安心ですよね。

大事なことは需要と供給、すなわちすべての売主様の状況とすべての買主様の状況を把握する必要があります。不動産精密査定では、1200件を超えるすべての売主競合との比較情報と、6000名を超えると言われているエリアの購入希望者の動向を把握する事ができるのです。

買いたい方の傾向は常に変化している

需要の動向は、供給される物件の変動状況により変動しているのです。この事をわかりやすくご説明すると需要の動向とはこのように考える事ができます。買いたい人の心理は、「自分の住みたい場所で、条件にあう物件を探す事」です。その方法は、「探す」「比較する」「調べる」「決める」です。つまり、他の売主様と物件の比較をされているのです。比較の中に「希望の物件」が無いと、「条件の変更」つまり、他のエリアの売主様の物件の検討を始めるのです。

この事を考えると、買いたい方(購入希望者)は、他の売主様の物件価格の変動、物件の発生状況(件数)、自分ニーズの希望条件の変更という、購入する物件の検討条件を常に変えていっているのです。ではなぜ購入者の心理がそこまでわかるのでしょうか?
その理由がこれまでの売却パターンをより多く熟知している、不動産精密査定ならではのデータから読み取れることなのです。売却実績は、単なる取り扱い件数ではなく、より高く売却を実現する為の必要な成功のバロメーターと言えるのです。

買いたい情報を保有しているからこそできる売却方法

市場エリアは、現在の住まいの生活環境や、生活便利施設の状況などを考慮し、エリアで探される方がほとんどです。売主様の販売戦略を実行する為に欠かせないのが、購入者、すなわち買いたい人の動向、条件、熱心さと言えるでしょう。しかし、一般的に不動産を売却する場合、購入者の動向を理解することや購入者の動向を知る事は、不可能に等しいでしょう。

しかし、本来需要と供給で価格が決まる不動産価格においては、何人の売主様に対し、何人の購入者がいるのか?売却希望価格はいくらで、購入希望価格はいくらなのか?というのは必要不可欠な情報です。

通常の方は、株の取引で使われる「板」(購入希望価格、売却希望価格)が折り合う状況を知らないまま、売却せねばならない。という事なのです。
不動産精密査定のハウスマーケットは文字通りマーケットで沢山の購入希望者が、購入希望の物件探しのための会員登録を行っております。その数、なんと常時1500組以上。
本当に多くの購入希望者の情報を保有しております。その為、不動産の売却を実施の際、購入者の動向、売り物件の動向を株式の様に確認でき、高値売却成功の鍵である、売却価格を決定することができるのです。

つまり、売却を成功させる為の戦略とは、購入者の情報も多く保有していなければならないのです。

まずは18秒査定する ▶


万円